私、1型糖尿病になりました

しばらく更新していないこのブログですが、これから1型糖尿病の記録をつけていこうかな、と考えています。

今までブログに書いてきたこととは、あまりにも違うので、新しいブログを始めようかとも考えましたが、面倒くさがりの私はなかなか動き出せず、今あるこのブログに書いちゃおう!と結論を出しました。

どれだけの頻度で書けるかはわかりませんが、とりあえず自分の記録として残しておきたい、という思いがあります。

1型糖尿病と診断されたのは、2019年8月。

42歳での発症です。

昏睡で救急車で病院に運ばれ、意識が戻り朦朧としている中で告げられた「1型糖尿病」でした。

もちろん、救急車で運ばれた後は、そのまま入院。

入院後、数日の記憶は曖昧な部分が多いけれど、覚えていることは、できるだけ書き残しておきたい。

 

最近の私の1型糖尿病ライフの大きなイベントは、今月行った病院で主治医に「私、もうすぐこの病院やめるんですよ」と言われたこと。

先生、そりゃないぜ!

今は、1型糖尿病と宣告された時と同じくらい悲しくて不安です。

来月の検診で先生とさよなら。

これから、きっと何回も主治医の変わっていくんだろうな。

でも、1型糖尿病は、自分でがんばるしかない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする