リサ・ラーソン ガーメントケース&ポーチ【マリソル付録】

雑誌『Marisol(マリソル)』5月号の付録は「リサ・ラーソン ハリネズミ3兄弟のガーメントケース&ポーチセット」です。

マリソルは普段買っている雑誌ではないけれど、付録につられて手にしてしまう私。

『マリソル』リサ・ラーソン付録

表紙の写真では、けっこうしっかり目に見えるガーメントケースとポーチのセットです。

雑誌に入っている付録の箱は、厚さ2㎝ほどでした。
この2㎝の厚さに、しっかりした作りのガーメントケースとポーチが入っていることはないだろう、とは思いました。

それでも、リサ・ラーソンのハリネズミ3兄弟のかわいさに負けて雑誌を購入してしまいました。

付録の入った箱を開けた状態の写真です。

ハリネズミ3兄弟がプリントされた黒のガーメントケースが見えます。
下には、赤のポーチが入っています。

リサ・ラーソン「ハリネズミ3兄弟ガーメントケース」

箱から出して開いてみました。

けっこうヨレヨレになっています。

素材はナイロン
サイズは、縦22㎝×横27㎝×マチ5.5㎝
持ち歩きできるように、ハンドルがついています。
ポケットや仕切りはついていません。

縦×横は、A4に近いサイズです。

スライダーが2つ付いている両開きタイプのファスナーになっています。
ファスナーはスムーズに動きますし、スライダーが2つあるので開閉がしやすいです。

フルオープンになるので、物の出し入れはしやすいです。

ただ、マチ部分の自立が難しいのが残念なところ。

服の収納容量と機能

マリソルの付録紹介ページでは、薄手のニット2枚とスカーフ1枚が収納された写真が載っています。

私は、実際に薄手のニットを1枚入れてみました。
薄手のニット1枚だと、まだまだ容量に余裕がみられます。

形を保つための補強もないナイロン素材のガーメントケースなので、ハンドルを持ち上げてみると、少しですがニットが下のほうにかたよってしまいました。

本来、服を持ち運ぶときに、しわができるのを防ぐために使用するガーメントケースですが、残念ながらマリソルの付録では、しわ防止を期待するのは難しそうです。

薄いナイロン素材なので、旅行の際などに服を小分けにするなどの目的で使うのには良さそうです。

リサ・ラーソン「ポーチ」

ハリネズミのイギーがプリントされた赤いポーチです。
反対側とデザインに違いがあります。

ファスナー部分には、イギーのスライダー。

ポーチの素材もナイロンです。
薄目で、後ろのプリントがすけて見えてしまいます。

サイズは、縦14㎝×横19.5㎝×マチ2㎝。

ポーチはガーメントケースの中にすっぽり入ります。

ガーメントの半分くらいの大きさです。

バッグの中で迷子になりがちな小物の整理に使えます。

実際に手にした感想

少しだけ期待して買ったマリソルでしたが、実際に手にしたリサ・ラーソン付録は、期待通りとはいきませんでした。

ガーメントケースもポーチも縫製面では、目につくほど雑な感じはないのですが、やはり素材が残念です。

丈夫さは、実際何回か使ってみないとわからない部分がありますが、表に出して使うのには、安っぽい感じがして積極的に使いたいとは思えません。

手にするまでわからないのが、付録の良さでもあるのかもしれませんね。

ハリネズミに罪はないので、旅行の時の小分けで活躍してもらいます。
薄いナイロンでかさばらないのが、一番の良さだった付録でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください