本家との違いはあるの?シュガーバターの木とセブンイレブンで出会う

大好きなお菓子「シュガーバターサンドの木
 食べたときに、ざくっと食べごたえがあるのに、不思議と軽いシリアル生地となめらかなホワイトショコラが絶妙なバランスで口の中でひとつになったときの幸福感は、なにともくらべることができません。

お土産の定番シュガーバターの木

「シュガーバターの木」と言えば、お土産の定番です。

やさしい誰かが、偶然おみやげで買ってきてくれたときは、本当にうれしい!

ところが、先日セブンイレブンに行ったら、なんと!シュガーバターの木が売っているではありませんか!
しかも大好きな「シュガーバターサンドの木」です。
もちろん、見た瞬間手が伸びていました。

めったに行かないセブンイレブン。
行っても、買うものはだいたい決まっているから、店内を見てまわることがほとんどないセブンイレブン。

シュガーバターの木は、レジ前に売っていました。
だから出会うことができたんですね。
レジ前最強です。

ちなみに他店舗では、要冷蔵のスイーツなどが置いてあるケースの上に置いてありました。
大量にあったのに、なかなか目がいかず見つけるのに苦労しました。高いところにあるものには、目がいかないものですね。

セブンイレブンでは「香ばしシリアル&ミルキーショコラ シュガーバターの木」として販売

いつから売っていたんだろう、と思って調べてみたら、2016年11月8日に東京から順次発売開始していったとのこと。
 うちの地域に上陸したのはいつかはわからないけれど、出会えた幸運に感謝です。

商品名は「香ばしシリアル&ミルキーショコラ シュガーバターの木」
セブン&アイ限定版です。

個包装の3個入り。おやつとして保存しておくのに、なんてちょうどいい数でしょう。

お値段は、税込み237円。
1個あたりのカロリーは91kcaです。

私にとって、おやつには贅沢な値段ですが、1個で十分満足できますし、食べると幸福にしてくれるおやつです。

シュガーバターの木が、好きなときに食べれると思うと幸せです。
ありがとうセブンイレブン。
これからは、もっと行くことにするよ。

実家の母への手土産にも

先日、実家に帰ったときに、コンビニにほとんど行かない母への手土産の中にセブンイレブンの「シュガーバターの木」も入れて持って行きました。

「おいしい!」と母も気に入ってくれました。

自分がおいしいと思うお菓子を気に入ってもらえるのは、うれしいものです。

本家「シュガーバターの木」とセブンイレブンとの違いは?

気になるのは、本家「シュガーバターの木」とセブンイレブンとでは、違うのか?というところですよね。

今回、偶然にもお土産に「シュガーバターの木」をもらってしまったので、比べてみました。

写真上が本家「シュガーバターの木」、下が「セブンイレブン」です。
パッケージは、さすがに違いますね。

パッケージを開けてみました。
さて、どっちがセブンイレブンの「シュガーバターの木」かわかりますか?

上が本家「シュガーバターの木」で、下が「セブンイレブン」です。

私には、見分けがつきません。

横から見たところです。
別角度から、もう一枚。

「同じ」と言っても、言い過ぎではないレベルです。
全く見分けがつきません。

ちなみに、写真の左側が本家の「シュガーバターサンドの木」です。

贅沢に食べ比べもしてみましたが、味もそっくり!
神の舌をもっていれば、ささいな味の違いを感じるのかもしれません。

セブンイレブンのホームページでは、次のように紹介されています。

人気洋菓子店「銀のぶどう」の定番人気商品「シュガーバターの木」から、セブン&アイ限定版が誕生しました。香ばしいシリアル生地で、ふわっととろける口どけのホワイトショコラをサンドしました。

引用:セブンイレブンHP

セブン&アイ限定版と言っていますが、本家の「シュガーバターサンドの木」と違いがわからないほどの商品です。

3個入り、というところが限定版なのかもしれません。

アマゾンや楽天でも購入可能

セブンイレブンで少量ずつ気軽に購入することができるようになった「シュガーバターの木」ですが、違う味も食べてみたくなることがあります。

そんな時は、アマゾンや楽天で購入することもできます。
詰め合わせとか、見ただけで心が躍りますね。

「シュガーバターの木」を存分に楽しみたいときは、アマゾンや楽天で購入するのも1つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください