あたたかくて軽い毛布の実力を再確認

注文していた毛布 「HeatWarm (ヒートウォーム)」が届いたので、一度洗濯をしてさっそく使ってみました。
使ってみて思ったのは「なんでもっと早く買わなかったんだ」ということです。
今年の春に処分してしまったことをすっかり忘れ、寒い思いをして寝ていた私に「毛布を使えばあたたかいよ」と教えてあげたい。

でも、寝るときの寒さを経験したからこそ、このあたたかさを実感できているとも思います。
睡眠環境の大切さを改めて実感しました。

寒くてよく眠れない、寒くて起きてしまうという方には、ぜひその嫌な思いから解放されてほしいです。
HeatWarmについての説明、買った方法については次の記事に書いてありますので、よかったら読んでみてください。

HeatWarmを使う前の環境

私は引っ越しをすることが多いので、折りたためて布団干しもできるすのこベッドを使っています。すのこベッドの上に高反発マットレス、その上に布団を敷いて寝ています。
マットレスはけっこう厚みがあるのですが、寒くなると下からの冷気を感じます。

上掛けは、羽毛布団の上に綿毛布をかぶせて寝ていました。こちらは、そんなに問題を感じていませんでした。
雪もじゃんじゃん降る寒い地域に住んでいるので、冬は寝ている間に布団がどんどん冷えていき、冷気は時間が経つごとに強くなっていきます。
だからこそ、寝具は重要なのです。

寒くなってきたな、と思った頃に布団乾燥機を使用してあたためてから寝るようにしていました。寝室に暖房を使用していないので、必要以上にガンガンあたためていました。そうしないと、寝れなかったのです。

しかし、冷気は手ごわかった。どんなにあたためて寝ても、時間が経てば当然冷えてきます。自分では意識していなかったけれど、寒いことでよく眠れていなかったのでしょう。気温が下がってから、なかなか朝起きれなくなり、常にだるい感じがしていました。

HeatWarmを使い始めてからの変化

HeatWarmを使い始めて一番驚いたのは、朝起きたときです。これまでは、起きたときに寒くてしょうがなかったのですが、今では、起きた瞬間からしばらく全身がポカポカしているのです。これには本当にびっくりしています。

さらに、起きたときの気分もまったく違います。HeatWarmを使う前は、目が覚めてもからだが全然目覚めてくれなかったのですが、今では「よく寝た!」と思えるほどまったく疲れを感じずに起きることができています。

HeatWarmを使う前は、おそらく寒さでからだに余計な力を入れていて十分な睡眠がとれていなかったのでしょう。

【シングルサイズ用 国産ひのき 高級桐材 選べます♪】【安心の国産品/送料無料】◆湿気・カビ・ダニ対策♪ 布団干し機能付きすのこベッド 木工職人の手作り 

価格:9,600円
(2016/12/5 20:12時点)
感想(4195件)

敷パッドと毛布をダブルで使用

去年までは、毛布を敷きパッド代わりにして寝ていました。これでも十分満足はしていたのですが、今年は敷きパッドと毛布を使用することにしました。もちろん敷きパッドは下、毛布は上です。

今年初挑戦の敷きパッドですが、ゴムバンドがついているので毛布を敷いたときのようにズレないのが一番のお気に入りポイントです。しかし、あたたかさでは毛布の勝ちですね。
毛布を敷きパッド代わりに使っていた自分は正しかったと思うほどです。

それでは、毛布と毛布にはさまれて寝ればよいかというと、そうではないと思います。起きたときに不快のないあたたかさで起きれるので、おそらく、毛布&毛布では暑すぎて途中で起きてしまうのではないかと思います。やはり敷きパッド+毛布がベストの組み合わせでしょう。

HeatWarmを使用してからは、寝る前に布団乾燥機であたためる必要がなくなりました。寒くて寝れないというほどではないけれど、敷きパッドは布団に入ってすぐは少しひんやりした感じもします。だから、少しあたためるのもありかな、と思っています。
なにせ寝室に暖房が効いていないので。

(実験結果)布団乾燥機であたためて寝てみました。
結果、暑くて寝られない。
よりによって、気温が高い日にやってしまったのがいけなかったのかも。
あたためずに寝るのが一番気持ちよく寝られそうです。

毛布は、羽毛布団の上にかけた方がいいと言いますが、HeatWarmは直接からだにかかっているほうがいいと私は感じています。

敷きパッドと毛布の使用感

敷きパッドも毛布も肌触りがとても良いです。チクチクすることもないし、やわらかくやさしくからだにフィットします。そして、軽いのでからだに負担がかかりません。

洗濯機で丸洗いできるのもいいところです。清潔に使い続けることができますね。
洗濯して心配なのは、乾燥にかかる時間です。でも大丈夫。朝、洗えば夜にはちゃんと使えます。ただし、表裏を途中で1回ひっくり返して干してあげましょう。大物の内側は乾きにくいですからね。

私は寒がりなので、HeatWarmの敷きパッドと毛布を手放せません。寒くてからだが冷えてしまっては、良質な睡眠をとれないことも実感しました。
自然なあたたかさなので、こたつで寝るより10倍幸せです。

みなさんも寒い季節には暖かい寝具で良い睡眠をおとりください。睡眠は大事だね。

発熱あったかタイプ HeatWarm (ヒートウォーム) シングルサイズ 送料無料

価格:3,596円
(2016/12/5 20:19時点)
感想(259件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください