有吉ゼミ紹介アイリスオーヤマの量り炊きできる炊飯器(RC-IA30-B)に感動

有吉ゼミを見ていたら、フィギュアスケートの本田武史さんが家電の選び方を紹介するコーナーがありました。その中で紹介されたアイリスオーヤマの炊飯器(RC-IA30-B)がすご過ぎて、心ひかれてしまったのです。

紹介されたのは銘柄量り炊き IHジャー炊飯器 3合(RC-IA30-B)

何にそんなに心ひかれたかたというと

  1. 米を量らずに適当に入れても、最適な水の量を表示してくれる
  2. 水の量を量らずに入れなくても、ちょうどよく入れることができる
  3. IH調理器としても使える

お米の量はもう量らなくてもいい

アイリスオーヤマの銘柄量り炊き IHジャー炊飯器は、お米の量を量らなくてもいいんです。
なぜならば、炊飯器に釜をセットした状態でお米を入れると、炊飯器がお米の量を計量してくれるからなのです。

お米がどれだけの量入ったかは、炊飯器に表示されるので、どれだけ入ったのか確認もできます。

米に合わせて水を量る必要もない

米をといだら、水を切って再び炊飯器にセットします。
普通なら、水も目盛りに合わせてセットしますよね。
でも、アイリスオーヤマの銘柄量り炊き IHジャー炊飯器なら、そんな必要もないのです。

炊飯器にセットした釜の中に、水をじゃーじゃーと入れていくと、適量になった時点で、炊飯器にOKサインが表示されるのです。
しかも、この炊飯器は、お米の銘柄や好みのかたさに合わせてくれるというのだからすごいです。

水の量での失敗もないし、私のようにお米を何合入れたのか忘れてしまうような人でも、適量の水で、おいしいご飯を炊くことができるのです。

炊飯器なのにIH調理器にもなる

アイリスオーヤマの銘柄量り炊き IHジャー炊飯器、おひつ部分を取り外すことができるのです。

炊飯器の上部分を取り外して食卓へもっていくことができるということです。しかも、取り外しても、2時間は70℃の温度を保てるというから、ご飯が冷めるのではないかという心配も必要ありませんね。

そして、上部分を取り外して残った下部分は、IH調理器になっているのです。
ということは、このIH調理器も食卓へもって行って、鍋などもできるということです。

私は、いつもお米はすり切れで量り、水を入れるときも目盛りとにらめっこしながら、割と慎重に炊いてしまう派なのですが、それでも必ずうまくいくとは限りません。

こんなにがんばって炊いているのに、なんでうまくいかないんだー!と、時々いやになります。
でも、アイリスオーヤマの銘柄量り炊き IHジャー炊飯器なら、もっと気軽な気持ちでご飯を炊くことができますよね。

そして、炊飯器とIH調理器が1つになっているということは、これから新生活を始める人にはぴったりなのではないかと思います。

お料理をあまりしない人は、IH調理器が1つあればいいだろうし、お料理が好きな人でも調理器がもう1つあるということは、心強いですよね。2口コンロの場合、あと1つコンロがほしいと思うこともありますから。

そして、アイリスオーヤマの心強いところは、お値段です。
炊飯器も3合炊きで2万円弱と安い!

いろいろなメディアや、家電大好き芸能人さんたちにも紹介されているこの炊飯器、ずいぶん人気があるようです。ネット通販でも予約待ち状態の店舗がたくさんありました。
アイリスオーヤマの公式通販サイトでも、発送まで時間がかかっているようです。

新生活での使用を考えている人は、早めに準備しておくと安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください