30代から本気で美肌をつくるならドクターズコスメを試すべき

あなたが求める理想の化粧品は、どんなものですか。

自分の肌が今よりも、トラブルなくきれいな肌に生まれ変わったら、自分自身はどのように変わるでしょうか。

肌がきれいになったとき、普段の化粧の仕方が変わることでしょう。服装にも変化が現れるでしょう。そして、何より人と接するときの自分の姿勢が違ってくるのではないでしょうか。

きれいな肌をもつと、自分でも気づかないうちに、自分に自信をもつことができるようになっています。

年齢と共に変わっていく肌悩み

若い頃、ニキビ肌に悩んだという人は多いことでしょう。
30代、40代になってくると、肌悩みが増えていき、気になるところが増えていくものです。

シミ
くすみ
たるみ
しわ

10代、20代前半に何も肌ケアをしなくても大丈夫だった人でも、年齢が上がるにつれて肌悩みがでてきます。

気づいたらシミができていた、肌にたるみができていた、という人も多いですよね。
私もそうでした。

加齢によるケア、つまりエイジングケアをしている人の肌としていない人の肌との間には時間がたつほど大きな差がでてきます。

「30代、40代になって、肌に悩みをもつようになった。
でも、肌トラブルがでてしまった今では、もう手入れをしてもムダなんじゃないか。」

もし、そのように「もう手遅れ」と考えている方がいらっしゃったら、私は
「まだ、間に合います。」
と自信をもって答えます。

ただ、「まだ、間に合う」のは、有効な手入れを始めた人だけに限定されます。

30代、40代でも美肌をつくれる

今よりも美しい肌は、30代になっても40代になっても自分でつくることができます。

なぜ、そう言い切れるかというと、私自身が年齢を重ねてから肌の手入れを始めた一人だからです。

私が、自分の肌と本気で向き合い始めたのは、30代後半になってからです。

まじめに肌の手入れを始める前までの私は、仕事が忙しいことを理由にして「とりあえず化粧水をつけておこう」といったような考えでスキンケアをしていました。

何もつけないのは不安だから、「とりあえずつけておこう」という、まるでお守りのように化粧水などのスキンケア品を使っていました。

しかし、自分の肌と向き合わないスキンケアではエイジングケアはできていなかったのです。
ただ化粧品を消費しているだけの毎日でした。

水分量が足りなくてガサガサだった肌やいつの間にかできてしまったシミを隠そうと、ファンデーションを何層にもぬっていました。

肌は一定のサイクルで生まれ変わります。
新しい肌がつくられるときに、必要な成分を与えてあげると、今までと違う肌がつくられていきます。

自分の肌をどんな肌に生まれ変わらせたいのかを考えて、必要なスキンケアをすることで、私の肌は変わっていきました。

自分でもびっくりしているのですが、朝、薄くファンデーションをつけるだけで満足する肌になっていったのです。

自分の経験から自信をもっていうことができます。
肌悩みに合わせて、必要なケアをすることで、30代でも40代でも肌は生まれ変わることができます。

肌悩みにピンポイントで効かせたいならドクターズコスメ

本気で肌と向き合ってみてください。

自分の肌をどんな肌に変えていきたいか見えてきたでしょうか。

では、肌を美しく生まれ変わらせるために必要なスキンケアはどうしたらいいでしょう。

私は、30代、40代の美肌を目指す人こそ「ドクターズコスメ」を使うべきではないかと考えています。

ドクターズコスメは、大手化粧品メーカーのように大きな宣伝をしていないので、知らない人も多いかもしれません。
しかし、30代から40代の美意識の高い女性に支持されることが多く、 芸能人やモデル、有名美容家の方々も愛用するなど、注目度の高いコスメなのです。

また、女性誌に取り上げられることも多くあり、興味をもつ人が増えています。

本気で美肌を保ちたちと考えている人たちがドクターズコスメに注目する理由はなんでしょうか。

ドクターズコスメとは

ドクターズコスメは、大きく2つに分けられます。

1つは、医師の診察にもと、院内で処方されるものです。
もう1つは、医師が処方を考えて、市販されているものです。
市販されているドクターズコスメの中には、博士号をもつ人が開発したものもあります。

どちらにも共通しているのは、医師が治療の経験をもとに、肌トラブルを解決するように成分を考えてつくられているということです。

つまり、医師が多くの患者と向き合う中で有効な成分を配合し、つくられているのがドクターズコスメということになります。

理想的なのは、クリニックに通って、医師と向き合い肌トラブルを改善していくという方法でしょう。

しかし、誰もがクリニックに通えるわけではありません。
時間的な問題もそうですし、距離的な問題もあるでしょう。

クリニックで処方されるものは、防腐剤などが入っていないものも多く、管理に細心の注意が必要ですし、使い方に気を付けなければいけないことも多いです。

市販のドクターズコスメであれば、医師が対面で注意や使い方を伝えることができないために、トラブルが出ないようにマイルドに作られています。

マイルドには作られているものの、医師の経験をぎっしり詰め込んで聞く成分はちゃんと入れて、多くの人が肌トラブルなく、安心して手軽に使えるように作られているのが市販されているドクターズコスメなのです。

肌の専門家は、多くの患者と向き合っているからこそ、それぞれの肌トラブルに有効な成分を知っています。だからこそ、肌トラブルにピンポイントで効くコスメを開発することができるのです。

3人の子どもをもつママがつくるドクターズコスメ

ドクターズコスメを開発している医師の中には、仕事と子育てを両立している女性もいます。
その中の一人がDr.高須英津子です。

Dr.高須英津子が開発しているのが、ドクターズコスメ「ジュランツ」です。

ジュランツは、仕事をしている女性の気持ちも、子育てをしている女性の気持ちも考えられて作られているコスメです。

「短時間でより効果のあるコスメ開発に取り組んでいる。」というDr.高須英津子の言葉からも、女性のことを考えてつくられていることがわかります。

ジュランツ化粧品は、「こだわり」として3つことをあげています。

  1. クリニック発信だから、成分が違う
  2. 「肌を変えたい」から、コスパがいい
  3. 「肌で確認する」から、結果が早い

理想の肌を手に入れるためには、肌悩みに合わせたお手入がかかせません。
そして、気づいたときに、すぐ始めるのが大切です。

効果的な成分を配合したコスメを使って、手間をかけてあげれば、鏡を見るのが楽しくなる毎日が訪れるときがきっときます。

まだ間に合います。
始めるなら、悩み始めた今です。

ジェランツHPでは、肌悩みに合わせたコスメを選ぶことも、トライアルセットを選ぶこともできます。

理想の肌を手に入れるために、まずは行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください